新世界「透明標本」!

最近毎日お昼休みに散歩して桜が咲いているか見に行っています(*^-^*)

先日、透明標本展に行ってきました!

透明標本というのは下記のようなものです。

「たんぱく質を酵素により分解し、肉質を透明に、そして硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする」という骨格研究の手法「透明骨格標本・透明二重染色標本」をベースとし、技術の研鑽の元、「命」をより身近に感じる造形作品「透明標本」として活動をしています。

http://shinsekai-th.com/ja/about/より引用

標本というと、なんとなく不気味なイメージがあったのですが、透明標本は不思議なキレイさがあります。

展示の仕方も面白かったです!
写真がたくさん並んでいる道を抜けるとケースに入った標本たち。

ダイビング中に出合う生物が標本になっていて、なんとなく不思議な気持ち。

大好きなタツもいました(*’▽’)

ライティングコーナーでは、暗い部屋でライティングされた標本たちを見ることができました。

標本てちょっと近寄りがたいイメージがありましたが、透明標本はまさにアートで新世界でした!

みなさんももし近くで展覧会があったら見に行ってみてください!

http://shinsekai-th.com/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください